望遠鏡を車に積んで~kiyokiyogambaのblog~

YOHOOブログから越してきました。趣味の天体写真撮影について記録しています。遠征撮影から最近は自宅での撮影と電子観望にシフトしているので、そろそろタイトルを変えないと…

10月18日

鏡筒 GS200RC
カメラ 294MC
 
4か月ぶりに屋上に上がった。夏の間、ほとんどまともな空に恵まれなかった。meteoblueをたまたま見たら、ジェットストリームが強くシーイングは悪いが、月はなく、雲量もほとんどゼロ。星空指数も100となっていたので、過ぎ去る火星を見てみたくなった。

だが、ひさしぶりのセッティングで、手順を忘れてしまい、思い出しながら作業を行い、1時間もかかってしまった。それでも、大きなトラブルもなく、順調に火星を視野に入れる。

(294の前につけていた光害防止フィルターはゴースト対策で外した)

ガイドは、例によって「マウントを先に接続してください」というメッセージとともにガイドに入ってくれない現象が出たが、接続しなおしたら解決。

続いてM31、M42を視野に入れ、スタックしたり、ビデオで見たりして遊ぶ。

プレアデスは倍率が高すぎてつまらない。今後はFS85EDと294MCの接続を考えたい。

翌日撤収するつもりで就寝。ところが撤収を忘れてしまい、翌日夕方から雨が降り、その翌日の夜に撤収していないことに気がついた。もちろんカバーはかけていたが、耐候性でなくタイヤカバーだったので、すこし雨水が浸みこんでいたが、大事には至らず。でも床に置いていたコンバーターは水浸し。


IMG_3733
IMG_3735
IMG_3738
IMG_3739





なにげなくASIAIRに通電しようとしてDCプラグを刺したところ、プラグのタイプが違っていたらしく、点かないどころか、抜けなくなってしまった。

IMG_3531


よく見ると、穴のほうは6か所に爪があり、それがプラグをつかんでしまっている。外ふたを開けて中から押すしかないと思ったが、筐体を止めているネジが固く、無理するとなめてしまいそう。

強引に引っ張ったら、なんとか抜けたが、爪もいっしょに外側に引っ張られたので、ピンセットの先で押さえて元通りにした。

IMG_3532

12ボルトのプラグは1種類しかないと思い込んでいたが、微妙に違うものが流通しているのかも知れない。極性も同じだし、直径も同じなので非常に間違いやすい。チャイナ仕様とでもいうのだろうか?

ちょっと前まではこうしたコネクターの規格は日本がリードしていたのに、今はイニシアチブを中国が握っている。そのうちに日本のほうがガラパゴスになってしまうのだろうか。




meteoblue では未明にかけて低層から高層にかけて雲量が0となっている。半信半疑で機材を組み立てる。構成は昨日と同じ、GS200RCと専用レデューサーに294MC。フィルターはつけなかったが、光害防止フィルターはあってもよかった。

IMG_3516




きょうの目的のひとつは、電子観望と眼視とどれだけ違うかを確認することだったが、事前に地上の風景で両者のピント合わせを済ませたつもりだったが、実際にはかなりずれていた。そのつどピント合わせをするのでは手間がかかり、うまくない。これ以上短いアイピースアダプターも持っていないので、何等かの対策が必要。

眼を凝らしても、肉眼ではアークトゥルス、スピカ、ベガ、アルタイルぐらいしか見えず。アライメントを済ませ、M13を導入。プレビューしたが、見慣れた星団がない。写っていないだけかと思い、プレートソルビングをかける。長時間待たされたのちに「失敗しました」のメッセージ。

IMG_3518

露出時間を変えてみた。

IMG_3519

こんどは何やら変な横縞が。
ガイドも、星をロストしはじめてめちゃくちゃに。

頭を冷やし、SkySafariに戻ったところ、全然違う星を狙っている。
落ち着いて再導入し、プレビューしたらようやく見慣れた星団が写った。ただ、ガイドは安定しない。

IMG_3522

スタッキングも、半分以上失敗してしまい、枚数が稼げない。
ガイドが悪いのかと、露出を5秒に短縮。

こちらは昨日も撮ったリング。5秒12枚スタッキング、7枚失敗。
IMG_3523


続いて、M27あれい。

IMG_3525

そのままでは浮かび上がらないので、ヒストグラムをいじったらようやく見えてきたが、これではしょぼすぎだ。
露出時間は失念したが、13枚スタック、23枚失敗。使えない画像が多いのはガイドが悪いせいか、露出が短すぎるのか?何枚撮っても「スタック失敗」が続くので、これ以上粘ってもしかたないと考え、撮影を止める。

ガイドが不調なのも、露出が稼げないのも、光害のせいだろう。対策としては、もう少し遅い時間帯に、光害防止フィルターをつけて、天頂付近の明るい天体を狙うということか。

今朝になって、meteoblueを見たら、やはり予報が修正されていた。

IMG_3529

高層の雲が邪魔をしていたようだ。

ところで昨日の観望で、環状星雲の周りの謎の環状ゴーストは、ツイッターのつぶやきを見た人から「センサー前のごみではないか」とのご指摘をいただいた。

正確にはチャンバーグラスについたホコリだったようで、ふきとったところ、一発で改善した。この場を借りてお礼申し上げます。






↑このページのトップヘ